2017年9月8日金曜日

10月22日実施の衆議院新潟第5選挙区補欠選挙への想い

 2004年10月23日に中越地方を直撃した地震。
 10月23日の中越大震災は、長島忠美村長の人生の転機であったし、私にとっても大きな転機だったと思います。災害に遭遇された方の苦しみを肌で感じ、災害に立ち向かった長島先生が急逝されたことは、本当に残念でなりません。

 振り返れば、知事室での最初のお客さまは、長島村長でした。
 そして、知事としての最後の公務は、昨年10月23日旧山古志村での追悼式。はなむけの言葉を長島代議士からいただきました。

 今回の補選は、追悼式の前日10月22日に行われます。今年の追悼式では、「代議士としての最初の仕事で、長島先生を含めて追悼してほしい。」との思いもいただきました。

 また、私は、12年間全日本錦鯉振興会の会長を務めさせていただきました。審査委員長であった長島先生と共に取り組んだ中山間地振興を前進させたいという思いもあります。

 人生の先輩、政治家の先輩である長島先生の遺志を継いで、災害に強い国づくりに尽力したいとの想いから、今回、意思表明させていただきました。

 災害に強い国づくりを進めることが、そして、どこに住んでも幸せになれる地域づくりを行うことが、全国、そして世界から寄せられた善意に対するご恩返しであり、私の持てる力を尽くしたいと思います。

2017年8月22日火曜日

ご挨拶

 平成16年10月、私の人生にとって大きな転機となる新潟県知事初当選を大激戦のすえ果たし、その後12年間にわたり、県民の皆様の目線、地域の目線を第一に地元に新潟県のため、県政に取り組んでまいりました。

 そしてこの期間、私にとりましても、大変貴重な経験をさせていただけたと同時に、さまざまな政治経済情勢や地域社会における課題解決のための知見を得ることができました。


 長いようで、あっという間に過ぎ去った12年間を充実して県政運営に邁進できたことは、果敢に課題に取り組んでくれた県職員、関係機関 、そして、なにより県政を叱咤激励してくださった大勢の皆様のおかげと思っており、地元新潟県への感謝の気持ちで一杯です。

 思い起こせば、就任直前に中越大震災に遭遇し、県民の皆様とともに災害対応にあたり、全国、世界からの支援も頂きながら復旧、復興に取り組んでまいりました。


 その後の県政運営にあたっては、未来の基盤づくりに向け、県政史上初めての県債残高減少など、財政の健全化を進めたほか、北陸新幹線開業に伴い、国に地域の実態を伝え、国から並行在来線の安定経営に必要な資金の獲得しました。


 また、懸案でもあった表参道のアンテナショップも今は全国屈指の売り上げと来店者数を誇り、新潟ブランドを発信し続けております。全国に先駆けた「新潟県版の農業個別所得保障モデル事業」や「企業の投資意欲を促す融資制度の創設」、原子力を含む防災・危機管理体制の整備も実現するなど、さまざまな課題の解決に取り組んでまいりました。

 昨年10月に知事職を退任して以降、多くの県民の皆様にお会いして、12年間のお礼を申し上げながら、お話を聞かせていただきました。改めて、現場の声の大切さと力強さを肌で感じております。

 地方と大都市部の格差の存在や少子化問題に加えて、原発問題を含むエネルギー政策にも、強い関心と問題意識を多くの方々が持たれており、講演会やインタビューの要請等を多く頂戴しました。そして、多くの方々から、これまでの経験を県民の皆様と共に探求し、社会に還元できる研究会創設の求めを頂きました。
 
 これらの要望にお応えするため、この度 「泉田裕彦政治経済研究会」を設立することといたしました。


 新潟県と日本の未来を見据えて、私のこれまでの経験と皆様の生の声が少しでも地域社会の発展につながるよう本会を発足させたいと思います。


 多くの皆様のご賛同を賜りご入会をいただけますようお願い申し上げます。


 なお、具体的な研究会活動につきましては、適宜アップさせていただきます。

2017年7月14日金曜日

ご入会申込について

研究会への入会ご希望の方は

こちらからお願いします。

↓↓

入会申込フォームへ

 

※ご不明の点は、 izumidapersあっとまーくgmail.com までご連絡ください。泉田会長は庶務・雑務・ブログの構築作業には関与しておりません。会長へのお問い合わせは業務に支障をきたしますので、ご遠慮ください。
メールは、「あっとまーく」の部分を半角@に置き換えてください。